2010年06月11日

「小沢隠し内閣だ」野党、批判強める(読売新聞)

 野党各党は、菅新政権に対し、鳩山首相や小沢一郎前民主党幹事長の「政治とカネ」の問題を中心に、共闘して追及を強める構えだ。

 自民、公明、共産、みんなの党の野党4党は8日午前の国会対策委員長会談で、同日午後に与野党国対委員長会談を開き、会期延長など今後の国会運営に関する民主党の考えをただすことを確認した。自民党の川崎二郎国対委員長はこの後、記者団に対し、「新内閣の国会運営の基本方針を聞いたうえで、(衆参予算委員会の開催などを求める)野党側の意見を主張する」と述べた。

 自民党の谷垣総裁は8日午前の総務会で、「菅新内閣の支持率が高いのはやむを得ないが、これをピークにしなければならない。予算委員会などで新内閣の矛盾をただす。『小沢隠し』で国会を早く閉会し参院選に逃げ込むことをさせてはならない」と強調した。

 公明党の山口代表は8日、新内閣の顔ぶれについて、「『脱小沢』色を最大限出そうとしているが、それを進めれば党内に亀裂が走る。不安定な要素を抱えた『小沢隠し内閣』に過ぎず、『脱小沢』で参院選を乗り切ろうという意図がありありだ」と語った。

 共産党は「カーテンの陰に小沢さんと鳩山さんを隠しただけで、だれもクリーンとは思わない」(市田書記局長)、みんなの党は「選挙第一の民主党らしい顔ぶれだ。民主党がクリーンになったと言うなら、小沢氏の証人喚問が一番いい方法だ」(渡辺代表)などと主張している。

 新党改革の舛添代表も8日午前、東京都内で「菅新内閣は『小沢隠し』をやっている。新内閣というなら、小沢氏の証人喚問を実現すべきだ」と訴えた。

来年度公共事業費、減額せず=「マニフェストは達成」―前原国交相(時事通信)
現役FPが語る「身近なお金の知恵」……まずは積立貯蓄ならどれほどか確認しよう
交番に「拳銃よこせ」=包丁男を逮捕―警視庁(時事通信)
「いちいち目くじら立てられない」 山岡氏、菅氏の小沢はずし発言に(産経新聞)
<口蹄疫>対策本部長は引き続き山田氏(毎日新聞)
posted by ニイヤマ タツオ at 13:22| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。